収益不動産を活用した相続税の節税

相続税の節税策の一つに、【資産の組み替え】という考え方があります。
現金や預金は「市場の価値」と「相続税評価額」とが一致しますが、土地や建物などは「市場の価値」と「相続税評価額」とが一致しないことが一般的です。相続税評価額とは、相続税の税額を計算するときの相続財産の評価額のことです。

つまり、預金1億円は市場での価値も1億円だし、相続税を計算するときにも1億円の財産があるとカウントされるのですが、市場での取引価格(市場での価値)が1億円の土地は、相続税の計算をするときには1億円の財産があると必ずしもカウントされるわけではなく、2千万円とか1千万円でカウントされる場合もあるということです。

これは、現金や預金という資産を土地や建物という資産に組み替えると、相続税評価額が減少するということを意味します。相続税評価額が減少すれば相続税も減少しますから、資産の組み替えにより、結果的に相続税の節税が実現したことになります。 

一つ例を紹介しましょう。
賃貸用のオフィスビルが、1棟まるまるではなく1フロア単位で分譲されて売りに出ている場合があります。1等地にあるアクセスに申し分のないオフィスビルであっても、1フロアが20~30坪程度の小型のビルであれば1~3億円程度で取得することが可能です。
取得することにより賃貸収入を得ながら、相続税の節税にもつながります。
例えば、2億円で購入した20坪の分譲オフィスの相続税評価額が4千万だったとすれば、数百万円単位の賃貸料収入を毎年得ながら、1.億6千万円の相続財産の圧縮が実現します。

ここまで例を交えながら、【資産の組み替え】という節税の考え方についてお話してきましたが、ご理解いただけましたでしょうか。

【資産の組み替え】を活用した相続税の節税収益用不動産の活用にご興味のある方はお問い合わせください。
ご希望やご要望をしっかりとお伺いさせていただき、ニーズに即したご提案をさせていただきます。